ジャパンクリエイト通信

機会保全

機械保全技能士とは?

◆機械保全技能士とは?

機械保全技能士は、工場に設置された機械の修理や定期メンテナンス、保全に関する業務を担当する専門職です。

設備診断や機械保全においてプロフェッショナルとして活躍しており、製造現場において非常に重要な役割を果たしています。

 

機械保全技能士の仕事内容:

  • 設備診断: 工場内のさまざまな設備を点検し、故障や不具合を未然に防ぐための改善策を提案します。
  • 機械保全: 生産ライン全体の故障や不具合を点検し、正常な稼働を維持します。これにより、製品の生産がスムーズに行えるようになります。

機械保全技能士は、工場の円滑な運営に欠かせない存在であり、機械に興味を持つ方にとって魅力的な職業です。

 

②業務効率化に貢献する機械保全の役割

設備診断と予防保全:

  • 機械保全技能士は、工場内の設備を定期的に点検し、故障や不具合を未然に防ぐための改善策を提案します。これにより、生産ラインの停止時間を最小限に抑え、生産効率を向上させます。

故障対応と迅速な修理:

  • 機械保全技能士は、機械の故障やトラブルが発生した際に迅速に対応します。適切な修理やメンテナンスを行うことで、生産ラインの停滞を最小限に抑え、業務効率を高めます。

データ分析と予測保全:

  • 機械保全技能士は、センサーデータや運転ログを分析し、機械の健康状態を評価します。予測保全を実施し、故障の予兆を事前に検出することで、計画的なメンテナンスを行い、業務の安定性を確保します。

トレーニングと知識共有:

  • 機械保全技能士は、同僚や新入社員に対してトレーニングを行い、知識やスキルを共有します。これにより、全体の技術レベルを向上させ、業務の効率化に寄与します。

 

機械保全技能士、機械のメンテナンスや修理などの保全業務を行う技能士の資格です。以下に詳細を説明します。

機械保全技能検定とは?

  • 機械保全技能検定は、国家検定制度の一環であり、131種類の技能検定の中で行われています。
  • 公益社団法人日本プラントメンテナンス協会が厚生労働大臣指定試験機関として実施しています。
  • 累計受検者数は92万人で、ものづくり分野の国家検定で最も多い受検者数を誇ります。
  • 合格すると「機械保全技能士」と名乗ることができます。

 

機械保全技能士の仕事内容:

  • 工場や製造現場において、機械の正常な運転を維持するために故障時の修理や故障予防を行います。
  • 具体的な仕事内容には、メンテナンス計画の作成・実施、劣化の予測、異常発生時の修理対応、データ収集・解析などが含まれます。

機械保全技能士の需要:

  • 機械設備の高度化に伴い、故障やトラブルがない機械は存在しないため、機械保全技能士は重要な存在です。
  • 機械化が進むほど、製造現場において機械保全技能士が求められています。

機械保全技能士取得のメリット:

企業のメリット:

  • 従業員の知識・技能向上により、製造現場全体のレベルアップにつながります。
  • 機械保全のレベルが上がれば信頼性が高まり、競争力が向上します。

受検者のメリット:

  • 合格者は「機械保全技能士」と名乗れ、キャリアアップにつながります。
  • 資格取得によって客観的な評価を得られ、昇給や昇進で有利になる可能性もあります。

機械保全技能士は、産業界において重要な役割を果たす専門職であり、その知識とスキルは工場の円滑な運営に欠かせません。

 

機械保全員の適正な採用方法

求めるスキルセットや経験

機械保全員として求められるスキルセットは、機械のメンテナンスや修理などの保全業務を行う技能です。具体的な仕事内容は以下の通りです

  • メンテナンス計画の作成・実施
  • 劣化の予測や欠陥の発見
  • 異常発生時の修理対応
  • 機械や設備のデータ収集・解析・判定

 

また、機械保全技能検定には、特級、1級、2級、3級の4つの等級があります。3級は誰でも受検可能ですが、2級は実務経験2年以上、1級は実務経験7年以上、特級は1級取得後5年以上経過で受検可能です

選考プロセスで注目すべきポイント

選考プロセスでは、応募者が優れた人材かどうかを見極めるポイントは、大きく分けて次の3つです

  1. 性格・中身:個々の性格や価値観、動機などを評価します。
  2. スキル・技術:必要な知識や技術、経験を持っているかを確認します
  3. 志望度:応募者がその職種に対してどれだけ情熱を持っているかを評価します。

これらのポイントを踏まえて、適切な人材を採用することが重要です

 

◆機械保全員の定着・育成のためのノウハウ

チームワーク強化のための施策

  1. 定期的なチームビルディング活動: チームの結束力を高めるために、定期的にチームビルディング活動を行うことが有効です。これには、ワークショップ、社内競争、または社外でのチームビルディングイベントが含まれます。

  2. オープンコミュニケーション: チームメンバー間のオープンで透明なコミュニケーションを奨励することで、信頼関係を築き、問題解決を促進します。

 

技術スキル向上のための継続的なトレーニングプラン

  1. 定期的な技術トレーニング: 最新の機械保全技術を学ぶための定期的なトレーニングセッションを提供します。

  2. メンターシッププログラム: 経験豊富なスタッフが新入社員や若手スタッフのメンターとなり、一対一で指導します。

 

機械保全員のモチベーション向上策

  1. 達成感の提供: スタッフが達成した目標や成果を認識し、適切に評価することで、モチベーションを向上させます。

  2. キャリア開発の機会: スタッフが自身のキャリアを積極的に形成できるように、キャリア開発の機会を提供します。

 

キャリアパスや給与制度の整備

  1. 明確なキャリアパス: スタッフが自身のキャリアを計画し、目指すべき目標を理解できるように、明確なキャリアパスを提供します。

  2. 公正な給与制度: スキル、経験、パフォーマンスに基づく公正で透明な給与制度を設けます。これにより、スタッフは自身の努力が適切に報われると感じることができます。

 

◆機械保全員の今後のトレンドと展望

・AIやIoT技術の進化による機械保全員への影響

AIやIoT技術の進化は、機械保全員の業務に大きな影響を与えています。これらの技術は、機械の故障予測や保守スケジュールの最適化など、保全作業の効率化と精度向上に貢献しています。

 

・グローバル化に伴う機械保全員の国際展開

グローバル化の進展に伴い、機械保全員は国際的な視野を持つことが求められています。異なる国や地域での機械の運用状況を理解し、適切な保全策を提案する能力が重要となっています。

 

・機械保全員と他の職種の融合による新たな可能性

機械保全員と他の職種との融合は、新たな可能性を生み出しています。例えば、機械保全員とデータ分析者の協働により、機械の運用データから故障の予兆を見つけ出すなど、保全作業の質を向上させることが可能となっています。

 

・機械保全員の需要と市場動向の予測

機械保全員の需要は、製造業の自動化やデジタル化の進展に伴い、今後も増加すると予測されています。また、エネルギー効率の改善や環境負荷の低減といった課題解決に対する期待も、市場の動向に影響を与えています。

 

◆JC機械保全トレーニングセンター

当社は、秋田県秋田市にてJC機械保全トレーニングセンターを運営しております。本研修施設は、年々増加する半導体装置や産業用ロボットなどの機械保全メンテナンス要員育成のため、Tianma Japan株式会社様と業務提携し、実際に稼働する工場設備を活用した研修のできる国内でも数少ない実践型の機械保全トレーニングセンターです。高スキル即戦力の機械保全人材の育成・輩出を目指しています。当センターは、当社の派遣・請負従業員はもちろん、企業の社員様の研修の場としてもご活用頂いております。

 

JC機械保全トレーニングセンターの特徴

本トレーニングセンターでは、未経験者から熟練者に至るまで幅広い層を対象とし、階層別のスキルアップ教育を行い、実機を使った実技研修を行うことで実践的な教育を受けた社員を育成し、輩出することを可能としています。また、機械保全員の派遣や、チーム単位での機械保全請負も行っております。機械保全員の不足等でお困りの際は、ぜひ当社へご相談ください。

ワクワクワーク