ジャパンクリエイト通信

ファクトリーオートメーション(FA)とは?

工場の自動化(ファクトリーオートメーション)とは?

ファクトリーオートメーション(FA)とは、工場などの生産工程を自動化することで、人件費の削減、品質の向上、作業者の安全確保、生産効率の向上などのメリットをもたらすシステムです。ロボットはFAの実現において重要な役割を果たしており、業務分析、ロボットの選定、システムの設計、シュミレーション、実際の実行などの流れと注意点を理解することが必要です。

自動化と聞くと、全ての工程をロボットが行うような大規模な変革を想像するかもしれません。しかし、実際には必要な部分や適している部分だけをピックアップし、効率的に自動化を進めていくことが一般的です。

なぜ、ファクトリーオートメーションは必要なのか?

  1. 生産性向上:自動化により、作業プロセスが効率的に実行され、生産ラインの停滞時間が減少します。これにより、製品の生産量が増加し、生産性が向上します。
  2. 品質向上:ロボットや自動化システムは高い精度で作業をおこないます。人間のミスを減らし、一貫性のある品質を保つことができます。
  3. 人件費削減:自動化により、人手を必要とする作業を減らすことができます。これにより、人件費を削減できます。
  4. 作業者の安全確保:危険な作業をロボットに任せることで、作業者の安全を確保できます。
  5. 競争力の向上:自動化は競争力を高める要素となります。効率的な生産プロセスは、他社との競合に勝つために必要です。

工場の自動化における課題

  1. 初期コスト:自動化システムの導入には高い初期コストがかかります。ロボットやセンサ、制御システムの購入、設置、プログラミング、トレーニングなどが必要です。
  2. 技術的な課題:自動化は複雑な技術を必要とします。ロボットのプログラミングやセンサの設定、システムの統合などがあげられます。
  3. 適切なロボットの選定:ロボットの種類や機能を選定する際には、作業内容や環境に合ったものを選ばなければなりません。誤った選択は効率低下やトラブルの原因となります。
  4. メンテナンスと修理:自動化システムは定期的なメンテナンスが必要です。故障やトラブルが発生した場合、修理や交換が必要です。
  5. 作業者のスキル:自動化システムを運用するためには、作業者が適切なスキルをもっている必要があります。適切なトレーニングと教育が必要です。

工場の自動化のポイント

どの部分を自動化するか?

全てを一度に自動化するのではなく、最も効果的な部分から初めて見ましょう。例えば、人間にしかできない工程や職人の経験値が求められるような付加価値の大きい仕事はそのまま人が行い、工程間の搬送や付加価値を生まない標準化できる作業については積極的に自動化するという考え方が重要です。

工場内の遠隔監視システムを導入する

ファクトリーオートメーションを導入すると、生産ラインの故障リスクが高まります。そのため、ファクトリーオートメーションの導入とセットで、工場内の遠隔監視システムを運用するのがおすすめです。

遠隔監視システムを導入すれば、人手をかけずに生産設備の状態をモニタリングし、異常があった場合は自動でアラートを鳴らすことができます。また、遠隔監視システムによっては、生産設備が故障・停止する前に予防的なメンテナンスを行う「予防保全」も実現可能です。

高度技術の継承に取り組む

工場の自動化を実現するには、ITやロボティクスに精通した技術者を確保する必要があります。しかし、人件費の予算が乏しい場合、外部パートナーを活用するのは困難です。すでに高度技能を持った人材が社内にいる場合は、技術継承に取り組み、自社内部で技術者を育成できないか検討しましょう。

 ジャパンクリエイト 機械保全トレーニングセンター

近年、保全技術人材の不足が進む一方で、よりスキルの高い設備保全員のニーズが高まっています。当社は、機械保全トレーニングセンターを開校し、自社派遣社員の希望者を設備保全要員として育成します。

本トレーニングは、未経験者から熟練者に至る幅広い層を対象としているため、実務に裏付けられた実践的なトレーニングを経た社員を派遣することが可能となります。年々増加する半導体装置の設備保全メンテナンス人材育成と確保のため、Tianma Japan株式会社(テンマジャパン)と業務提携し、実際の工場設備を活用したトレーニングセンターを2021年3月1日に開講いたしました。

機械保全センターの特徴

未経験者から熟練者に至る幅広い層を対象としており、教育目的、費用、時間等に応じたプログラムの提供が弊社社員の受講に限らず、各メーカー様社員の受講も可能です。

生産フロア(クリーンルームを含む)において、
実機を活用する等した実践的なトレーニングができる教育プログラムです。
講師はTianma Japan㈱の保全員で、機械保全技能士検定1級以上の資格所持者です。保全技術者の実務経験に裏付けられた研修が受講出来ます。

詳細はこちら

機械保全トレーニングセンター

まとめ

ファクトリーオートメーションの説明やメリットなどについて紹介しました。現在、多くの企業が簡易的なファクトリーオートメーションを導入しています。ファクトリーオートメーションの導入には大きな初期費用が必要です。とはいえ、「多機能だからよい」「高性能だからよい」というものではありません。実際の作業内容と照らし合わせると、比較的単純な産業用ロボットの方が効率やコストパフォーマンスが優れているということも考えられます。そのため、使用用途をよく吟味したうえで導入することが大切です。また、機械を扱うには最低限の知識や技術が必要になるため、専門性が求められます。現代の流れではファクトリーオートメーションを導入した方が生産性の向上が期待できます。自動化によって、使用用途や予算規模に応じた最適な結果を得るためには、さまざまな角度から検討を行うことが重要なのです。

ワクワクワーク